Fluffy Paws

アクセスカウンタ

zoom RSS 慢性腎不全の犬に、たくさんのお水を! 【その2】

<<   作成日時 : 2009/06/07 18:32   >>

トラックバック 0 / コメント 10

さてさて今日は、お水をたくさん飲ませる小技をご紹介します。






画像







『飲ませる』というと無理やり飲ませているようですが、そうではなくて
『飲もうという意欲を引き出す』ための工夫です。




以前はチキンスープを少し垂らしただけでも飲んでくれていましたが、今ではダメになりました。
現在の基本(1回分)は、ぬるま湯250cc+鳥ササミの茹で汁50cc+小指の先くらいの大きさのササミ。
調子がいいとそれだけで飲み干してくれますが、大抵はムリ。
そこで様子を見ながら香りの強いものを足していきます。




*沈ませる
ササミを入れる理由は、モモの好物であること、それからササミが沈むからです。
「水を飲み干したら底に沈んでいる美味しいものが食べられた!」
そういうゲーム性を持たせて飲む意欲を高められたら・・・と考えたのですが、
万事関連付けの遅いモモは、そこんところにまだ気づいていない様子です




*目の前でアピール
ササミは目の前で細かく割いて見せます。
あとから何か添加するときも目の前でアピールしながら。
そのとき食べたがってもあげません。
少しじらすことで意欲を高めます。



画像





*水面からチラ見え
水の量が多いので、ササミが完全に沈んでいて、なかなか水に最初の一口をつけられないことがあります。
ササミを手で持ち、パクッと持っていかれない程度に水面から出して、水に口をつけるように誘導します。
食べるつもりで口を開けても、口が水に触るとうっかり舌を出します。
そのままずーっと手でチラ見せさせながら飲ませることもあります。



画像画像





*諦めない
途中でそっぽを向かれても、へこたれずに次の作戦に移りましょう。



画像





*浮かべる
ササミが沈んでいるので、何か追加する場合は浮くものにします。
香りの強いものを浮かべて追わせることで、ついつい水を飲むしくみ。
ターゲットにしやすい大きめのものを浮かべたり、粉状にして散らしたり。


大きめのかたまりは浮いてクルクル逃げていきます。
それを取ろうと追うことで、知らず知らずに水が口に入ります。
ターゲットを追い詰めてパクッと取りそうになったら、指ではじけばまたクルクル
いじわるな私。。。



画像画像



以前もご紹介したナツメググラインダーでトリーツを粉状にして散らす場合は
挽いた端からどんどん沈んでいくので、ちょっとずつ挽きながら足した方が飲む意欲が持続します。



画像





*かたむける
水が少なくなってくると、沈んでいるターゲットを取りやすくなってしまうので、
途中から器をかたむけて少しでも多くの水を飲ませます。
底の浅い平たい器を使って途中からかたむけた方が飲む意欲が持続しやすいです。
底が深いと底に沈んでいるものも遠いし、終わりも遠く感じられて、途中で嫌になってしまうのかも?



画像





*山崩れ作戦
割いたササミを積み上げて、少しだけ水面から見えるようにします。
口をつけた途端に山は崩れて、ついうっかり水を飲んでしまうしくみ。




*魚の群れ作戦
小魚は群れをなすことで大きな魚に見せかける、っていうアレです。
浮かべるトリーツが大きいとパクッと取られやすくなるので、
小さめのかけらを集め寄せて大きい塊に見せ、口をつけた途端に四方八方に分かれて
ついつい水を飲んでしまうしくみ。



*おそれるべからず
なかなか飲んでくれない時は、ササミが増え、トリーツの粉が散り、かたまりも浮かびます。
リンだのたんぱく質だの制限したいものがあるだけに心配になるでしょう。
でも大丈夫!
ササミは沈んでいるし、粉も大部分が沈んでいきます。
そこに口をつける前につまんで出したり、器を下げてしまえば良し。



画像





*作りたてが一番!
茹でササミ&スープは作りたての方が飲んでくれます。
以前は作り置きしてアイスキューブにしていましたが、最近は嫌がるようになりました(ぜいたく病?)。
小鍋で茹でていると香りも立ち、刺激にもなって良いみたいです。




*水よりぬるま湯
ぬるめ〜温かめの方が身体に入っていきやすいらしく沢山飲んでくれます。
なかなか飲んでくれずに冷めてしまった時は、軽くレンジにかけると飲み始めることがあります。
香りが立つからかも?




長くなりましたが、最後に私が使っている「添加するもの」をご紹介します。
左の写真が現在使用中のベイクドチーズ、ラムラング、キュービックチーズ(いずれもナチュラルハーベスト社)。
朝食のお皿に落ちたパンくずを浮かべてあげることもあります。
右の写真は『次の手』が必要になったときのために用意してあるもの。
魚のオイル、犬用粉ミルク、犬用シーズニング、市販のパルメザンチーズです。



画像画像





リンはダメ、たんぱく質も・・・と、私も最初は神経質になっていましたが、
今日があるから明日がある、まずは今日を元気に!と、
今は水をたくさん飲むことに重点を置いています。
特にモモの場合は点滴をしていないので、ご飯は食べなくても水だけは・・・と。
食欲がないと水も飲ませにくいですが、「食べないけど飲む」ことも少なからずあるので
ダメもとでトライしてみる価値はあると思います。




慢性腎不全を患っているワンちゃん達が、
それなりに健やかで穏やかに過ごせますように。。。










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
とても参考になりました。今までは飲水量をあげる事はそんなに気にしていませんでしたが、これから先はいつ必要になるか分かりません。ですからその練習をしていったほうがいいかなとも思いました。
モモちゃんが点滴をせずに維持出来ているのは、この方法のお陰ですものね!
そして、これだけの方法を試したChinatsuさんってすごい!!
パラクラ
2009/06/07 22:14
Chinatsuさん、こんにちは。
沢山の写真と分かりやすい説明、本当にありがとうございます。
工夫に工夫を重ねてこられたのですね。
大好きなものを水の中に沈めたり、粉状にして振りかける方法
明日からやってみます。
意欲が湧いてきましたよ〜
本当にありがとうございました。
このページを作成するのに時間もかかったと思います。
図々しく質問した私としては、何か御礼をしたい気持ちです。
ちゅっ!
諦めずに気長にトライしてみますね。
為せばなる!そう信じて。
ありがとうございました。m(_ _)m
みゅう
2009/06/07 22:56
もう本当に頭が下がります。ご立派!ぜひ写真つきで本を出版して下さい。いつかまたアルファが年老いたとき、参考にさせていただきますね。感謝!
jade flower
2009/06/08 00:44
パラクラさん、こんにちは。
暇なのがバレバレですよね
モモは細かい所にこだわるタイプなので、
トリーツの量や散らし方などいろいろと微調整が必要で、
日々忍耐力を鍛えられています。
普通の水を飲まなくなってしまったことが、この作戦の副作用ですねぇ。
Chinatsu
2009/06/08 12:33
みゅうさん、ちゅ〜をありがとう
未来ちゃんのために頑張りましたよ〜!
膝にカメラを挟んでセルフタイマーで撮ったりしたので、
ブレブレの写真ばかりでごめんなさい。
未来ちゃんの大好きな物が見つかるといいですね。
300はかなり大変なので最初はちょっとの量からがお勧めです。
あせらずボチボチやってみて下さい。
成功を祈ります!
Chinatsu
2009/06/08 12:39
jade flowerさん、こんにちは。
毎日の事なのでなかなか大変ですが、うまくモモをハメられた時は
ウシシとほくそ笑んでしまいます。
モモは神経質で鼻が濡れるのが大嫌いなのですが、
マイは遠慮なく水の中に鼻を突っ込むタイプなので、
そういう子にはもしかしたら他の方法も考えないといけないかも、
と思っています。
Chinatsu
2009/06/08 12:46
chinatsuさん、素晴らしい
勉強になりました。ありがとうございます!

それにしても、1回に300cc、一日4回ってすごいなぁー。

神経質にならぬことも大事!って、確かに。
私はついこれに陥りそう・・・。
肝に銘じておきます。
HKモモママ
2009/06/08 19:19
HKモモママさん、こんにちは。
飲ませる方より、実は飲む方が大変ですよね。
モモも頑張ってくれています
喜んで食べる物でも今は控えたい物だったり、
薬も沢山の量を長期与えるのが心配だったり・・・と、
考え出すとキリがなくてがんじがらめになってしまいます。
今も迷いは多々ありますが、万事良しってのは諦めることにしました。
その時々、モモにとって一番必要なことを優先して行きたいと
思っています。(でも迷うんですけどね、これが・・・)
Chinatsu
2009/06/09 14:06
Chinatsuさん、再びこんにちは。
セルフタイマーを使って頑張って撮影してくださったのですね。
本当にありがとうございました。
未来は、今日も少しですけどチキンスープを薄めたお湯を飲んでくれました。
たとえ少しでも毎日続けようと思います。
抗うつ剤については、病院の先生が使わないほうがいいと思うとおっしゃる
ので、それ以上ネットで調べたことを言えなくなりました。
このあたりのコミュニケーションが、なかなか難しいのであります。
モモちゃんの先生はいろいろな方法を提案してくださるんですね。
ちょっと羨ましいです。
Chinatsuさんが書いていらっしゃる「万事良し」というのは、私も諦めています。
理想を追いかけても、そのために私がイライラしたり、未来が食事を苦痛に
思うようになったりしても良くないし、まずは体力を維持することを
最優先にしようと思っています。
これからもよろしくお願いします。
みゅう
2009/06/09 21:32
みゅうさん、こちらこそよろしくお願いします。
おっしゃる通り、少しずつでも続けることが大事だなぁと感じています。
そのうちなんとなくでも習慣になってくれればラッキーですよね。

食欲増進は、そもそも抗うつ薬の「副作用」であるらしいです。
今回出た不整脈も、もしかしたら副作用かも知れず、
加齢のせいかもしれず、年が年なので微妙なところです。
もし万が一副作用だったとしても、服用をやめる方が怖ろしい気もします。
薬がなければモモは水も飲まず、薬も飲ませるのも難しくなります。
腎臓病が悪化して尿毒症で苦しむのと、心臓が弱るのと、
もしどちらを選ばなくてはいけなくなったら私はどうするんだろう?
・・・なんて、人生最大の難問ですよね。
(自分で勝手に考えていることで先生に言われたわけではないのですが)

少しでも長く一緒にいて欲しい気持ちと
苦痛を押さえてQOLを維持してあげたい気持ちとが
常にせめぎあっています。
病気ってのは「万事良し」が成り立たないところがせつないですね。
Chinatsu
2009/06/10 01:18
慢性腎不全の犬に、たくさんのお水を! 【その2】 Fluffy Paws/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる